カトープレジャーグループ加藤友康社長「心得帖」シリーズにすべての答えがあった

公開日: 更新日:

近大卒業と同時に家業を継承、周りは壁ばかりで…

 五輪イヤーの今年は、訪日外国人観光客が3600万人に上るという。レジャー業界はもちろん、あらゆる業界がインバウンド需要の取り込みに沸いている。そんな中、今回登場のカトープレジャーグループ・加藤友康社長(54)は、近大を卒業した1987年、父が起こした事業を引き継いで社長に就任。今やホテルや旅館、リゾート、スパ、レストランなどを幅広く手掛け、年商200億円を超える大企業に成長させた。敏腕経営者が頼りにしたのは、経営の神様の教えだった――。

  ◇  ◇  ◇

「父が創業した『加藤商事』は洋服屋で、近畿大学在学中から家業の手伝いをしていましたから、仕事のやり方はなんとなく父の背中を見て把握していたつもりです。ところが、父が早くに亡くなり、いざ事業を受け継ぐことになると、具体的なノウハウがなかった。ここ10年で日本にもベンチャー企業ができてきて、20代の社長は珍しくなくなりましたが、バブル真っ盛りの89年に20代社長はいなかった。困りましたよ。それで、本を読み漁って、心にスッと入ってきたのが、松下幸之助さんの『心得帖』シリーズです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る