夢をかなえた? 余命半年の元野良犬が「1日名誉警察犬」に

公開日: 更新日:

 余命宣告された犬が「1日名誉警察犬」になり、話題になっている。

 米FOXニュース(1月24日付電子版)などによると、話題になっているのは、昨年11月下旬にワシントン州ベントンシティーで保護された犬。幸いクリスティー・ケスラーさんという女性に引き取られた。

 クリスティーさんに「エディー・スパゲッティー」と名づけられたこの犬は、片目の視力を失っていた。獣医に診せたところ、手術不可能な悪性腫瘍があり、余命半年から1年と診断された。クリスティーさんは衝撃を受けたが、エディーのために「バケットリスト」(死ぬまでにやってみたいことをまとめたリスト)を作ることにした。

 そのトップが「警察犬になること」。

 クリスティーさんが地元のパスコ警察に相談したところ、同警は「1日名誉警察犬」にすることを快諾。1月20日、警察本部で任命式が行われた。エディーは黄色の制服を着せてもらい、巡査長に任ぜられ、宣誓を行った。その後、警察犬ユニットの署員と一緒に市内をパトロールするなどした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る