虐待された秋田犬の世話を続けて1年…女性の笑顔の結末

公開日: 更新日:

 秋田犬といえば、アリーナ・ザギトワ(17)の「マサル」が有名だが、こちらの秋田犬の物語も人々のほほ笑みを誘っている。

 米紙ニューヨークポスト(1月3日付電子版)などによると、バージニア州に住むローラ・セイモアさんは2018年春、近所の家の庭に秋田犬がいることに気がついた。鎖で木につながれ、放置されていた。

 犬小屋もなく、その雌の秋田犬は、地面に穴を掘ってその中で暮らしていた。散歩にも連れて行ってもらえないどころか、エサや水すら満足に与えられていないようだ。

 そんな悲惨な状況にありながら、その秋田犬は驚くほど人懐っこく、行儀が良かった。

 気の毒に思ったローラさんは、犬を「タキア」と名付け、週3回、車で立ち寄ってエサと水を与え、面倒を見始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る