「犬用の棒切れ貸し出します」NZ男性のアイデアに絶賛の声

公開日: 更新日:

 ニュージーランドに住む愛犬家が犬のために“発明”したあるモノが、「素晴らしいアイデア」と絶賛されている。

 英紙メトロ(12月13日付電子版)などによると、ニュージーランド南島クライストチャーチ郊外のカイアポイに住む男性、アンドリュー・タイラーさん(59)は11月30日、近所にできたばかりの公園に、愛犬の「ベラ」を連れて行った。棒切れを投げて遊んでやろうと思ったが、適当な木の枝が落ちていなかったため、諦めた。

 翌日、アンドリューさんは、自宅の庭の木の剪定(せんてい)をしていた時に、「そうだ! この枝を犬用の棒切れにして貸し出したらどうだろう?」とひらめいた。

 アンドリューさんは、さっそく木の枝を適当な長さに切り、数十本の犬用の棒切れを作った。それを「Stick Library(棒切れ図書館)」「返却してね」と彫った木の箱に入れ、公園に設置したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る