感染症で失ったけど…ニットの“猫耳”のおかげで里親が!

公開日: 更新日:

 里親が現れたのはニットの“猫耳”のおかげかも、と話題だ。

 米FOXニュース(1月20日付電子版)などによると、昨年12月、ウィスコンシン州で1匹のメスの野良猫が「デーン郡動物愛護団体(DCHS)」に保護された。

 「レディー・イン・ア・ファー・コート(毛皮のコートの淑女)」、通称「レディー」と名付けられたその猫は、感染症で耳に血腫ができていた。獣医たちはすぐに手術をしたが、患部が大きく、両耳を切除せざるを得なかった。

 レディーは健康になったが、耳がないため、ちょっと情けない容貌に(写真左)。

 DCHSの職員たちは「このルックスのせいで引き取り手から敬遠されないだろうか……」と心配していたところ、編み物が得意なアッシュ・コリンズさんという職員が、紫の「猫耳」を作成。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る