【春キャベツとサバ缶のアンチョビー風味】パスタにも合う

公開日: 更新日:

ビストロ ヴォージュ(東京・銀座)

 ブームのサバ缶とこの時期の軟らかい春キャベツを合わせた絶品。キャベツの甘さにアンチョビーのしょっぱさ、ガーリックの香りがブレンドされて、口の中にうま味がジワリと広がっていく。

 キャベツを茹でる際は、必ず少量の塩を入れて欲しい。パスタを茹でる時より若干少なめながら、「しっかり塩を感じる程度に」(佐藤シェフ)という分量だから、結構入る。

 パラパラじゃない。キャベツにほんのりつくこの塩味が、できあがりの味を左右する。20~30秒の茹で時間は、キャベツをちょうどいいシャキシャキ感にしてくれる。

 サバの代わりにツナ缶でも。パスタを和えれば、おつまみがたちまちメインディッシュになる。

《材料》 
・春キャベツ 4分の1個

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る