視覚障がいの彼女をダンスパーティーに…誘い方が粋すぎる

公開日: 更新日:

 米国で高校の卒業記念ダンスパーティーを「プロム」というのは日本でも知られてきたが、卒業の前年にもパーティーを行う。それが「ジュニア・プロム」。ある男子高生が彼女にジュニア・プロムの申し込みをする動画が「可愛すぎる!」と評判になっている。

 米NBCテレビの朝のニュース・情報番組「トゥデイ」(2月22日)などによると、この男子高生は、コネチカット州のグラストンベリー・ハイスクールのジュニア(日本の高校2年生に相当)のジェイク・シュワーツ君(17)。

 9年生(日本の中学3年生)の時から交際している同級生のペイジ・ドルリーさん(16)に、「ジュニア・プロムのパートナーになってほしい」と申し込んだ。

 その方法がなかなか粋だった。

 ペイジさんには視覚障がいがある。そこでジェイク君は、ボードの上にハーシーのキスチョコを使って点字のメッセージを作成。手を取ってボードまで連れて行き、メッセージを読ませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る