コロナ禍で見切り発車 テレワーク“天国と地獄”分けるもの

公開日: 更新日:

 従業員への新型コロナウイルスの感染を防ごうと、NTTグループや楽天など多くの企業がテレワークの導入に乗り出した。パソコンや書類を自宅に持ち帰り、会議はオンライン、同僚とのコミュニケーションは社内SNSなどで取っている。政府が推進しようとしてきた“働き方”がいち早くスタートした形だが、実際に在宅勤務をしている現場のサラリーマンに話を聞いてみた。

「出勤に使う地下鉄はいつも満員で、正直40分近い“痛勤”はつらかった。ウイルス感染も怖かったのでテレワーク導入の知らせを聞いた瞬間は安堵しました。ただ、いざ始めてみると、周りで誰も働いていないのでモチベーションが上がりません」(大手総合商社勤務・40代男性)

 この男性は管理部門の社員で基本的にテレワーク中の業務連絡はメール。サボるわけではないが“隙間時間”に読書することもでき、定時が来れば外に飲みに出掛けるのも自由だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る