嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

通い続けて30年…岡山のカツ丼&広島「冷麺」が大好きだ

公開日: 更新日:

 30年以上通っている大好きなカツ丼が岡山にある。「だてそば」のそれで、薄めの豚肉をカラッと揚げた上に中華スープでのばした特製ソースがかかっており、別の器に入った生卵を丼の真ん中にくぼみを作って鎮座させる。食べ進め、混ざりゆくほどにうま味が広がっていく。

 ちなみに、この店は支那そばもうまい。鶏ガラのみを練炭の火力で炊いたスープは褐色で香ばしく、それぞれをハーフサイズで頼んで両方味わうのがオススメだ。厨房を仕切るお母さんの声が縦長の店内に軽やかに響く。先代の父が60年以上前に始めた店を、娘の彼女が三十数年前に引き継いだ。

「どこの豚使ってますの?」

「上等なヤツ」

「ラードはどんなの?」

「スゴイええヤツ」

「パン粉は?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る