昭和のアーケード街、1000円札1枚で笑顔になる

公開日: 更新日:

<丸健水産 赤羽>

 秋深き東京の夕日を追いかけ、郊外へと走る電車に揺られながら、行く末をまた、考えた。仕事、生活費、そして擦り切れそうな夢……。何ひとつ確かなものはなく、来年すら、やっていけるかわからない。つり革につかまって、暮れなずむ景色を見つめるご同輩のサラリーマンも、どこか厳しい目つきをしている。

 ホームには、冷たい風が吹いていた。赤羽は、駅東口を出る。商店街や路地に渋い酒場がひしめく飲んべえの聖地だ。買い物かごを提げた主婦の行き交う一番街商店街のひと筋隣、一番街シルクロードを進めば、むき出しの鉄の棒などで組まれたアーケードが頭上を覆い、白い蛍光灯がぼやっとしている。昭和を再現した映画のセットのような通りの端にはだいだい色の明かりがあり、人だかりができている。昭和33年創業の「丸健水産」である。おでん種の製造販売の傍ら、立ち飲みもさせてくれる店なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る