昭和のアーケード街、1000円札1枚で笑顔になる

公開日: 更新日:

<丸健水産 赤羽>

 秋深き東京の夕日を追いかけ、郊外へと走る電車に揺られながら、行く末をまた、考えた。仕事、生活費、そして擦り切れそうな夢……。何ひとつ確かなものはなく、来年すら、やっていけるかわからない。つり革につかまって、暮れなずむ景色を見つめるご同輩のサラリーマンも、どこか厳しい目つきをしている。

 ホームには、冷たい風が吹いていた。赤羽は、駅東口を出る。商店街や路地に渋い酒場がひしめく飲んべえの聖地だ。買い物かごを提げた主婦の行き交う一番街商店街のひと筋隣、一番街シルクロードを進めば、むき出しの鉄の棒などで組まれたアーケードが頭上を覆い、白い蛍光灯がぼやっとしている。昭和を再現した映画のセットのような通りの端にはだいだい色の明かりがあり、人だかりができている。昭和33年創業の「丸健水産」である。おでん種の製造販売の傍ら、立ち飲みもさせてくれる店なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る