昭和のアーケード街、1000円札1枚で笑顔になる

公開日: 更新日:

<丸健水産 赤羽>

 秋深き東京の夕日を追いかけ、郊外へと走る電車に揺られながら、行く末をまた、考えた。仕事、生活費、そして擦り切れそうな夢……。何ひとつ確かなものはなく、来年すら、やっていけるかわからない。つり革につかまって、暮れなずむ景色を見つめるご同輩のサラリーマンも、どこか厳しい目つきをしている。

 ホームには、冷たい風が吹いていた。赤羽は、駅東口を出る。商店街や路地に渋い酒場がひしめく飲んべえの聖地だ。買い物かごを提げた主婦の行き交う一番街商店街のひと筋隣、一番街シルクロードを進めば、むき出しの鉄の棒などで組まれたアーケードが頭上を覆い、白い蛍光灯がぼやっとしている。昭和を再現した映画のセットのような通りの端にはだいだい色の明かりがあり、人だかりができている。昭和33年創業の「丸健水産」である。おでん種の製造販売の傍ら、立ち飲みもさせてくれる店なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    検察もア然…安倍首相「言論テレビ」でついたもう一つの嘘

もっと見る