嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

岐阜の熟成師が日々研鑽を積む「焼肉旬やさいファンボギ」

公開日: 更新日:

 かつて繊維で栄えた岐阜駅北部、玉宮地区の一角に「焼肉旬やさいファンボギ」ができて10年目になるが、折からの熟成肉ブームを受けて着実に進化を遂げている。

 店主の高橋樗至シェフは岐阜最古の焼き肉屋「名玉」の孫として生まれ、ずっと「肉」を間近に育った。小学生の頃から将来は料理人になりたいと思って暇さえあれば台所に立ち、両親もそんな姿を見守ってくれた。本当は修業したいフレンチレストランがあったが、父親に告げると、そんな小洒落たところに行く必要はないと一蹴され、中学卒業直後から実家での修業が始まった。

 店は順調に回転していたが、ご両親が60代の若さで早逝され、お兄さんとともに20代前半で店を切り盛りをする立場になった。精肉店でさばきを勉強したり、海外で経験を積んだ後、再び戻って暖簾を守っていたものの、伝統を守るお兄さんのやり方と焼き肉をさらに進化させたいシェフの方向性に開きが出てきたため、新規店として独立スタートさせることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る