30年間も記憶喪失の男性が…コロナ報道で故郷を思い出した

公開日: 更新日:

 中国で頭部の負傷のため記憶を失っていた男性が、テレビで新型コロナウイルスに関するニュースを見ている際に、自分の生まれ故郷を思い出し、話題になっている。

 中国紙「新京報」(3月10日付電子版)などによると、この男性は、現在は浙江省雲和県に住む季節労働者の朱家明さん(57)。

 朱さんは30年前、27歳の時、福建省建陽の建設現場で作業中に事故に遭い、頭部を負傷して記憶を失った。さらにまずいことに、その際に身分証明書まで紛失。朱さんは自分の出身地などに関する記憶をすべて失っていた。

 ケガから回復した後、あちこちの建設現場で働いていた朱さんは2003年、建陽の現場で雷麗珍さんという男性と仲良くなった。雷さんとその妻は、朱さんの身の上を気の毒に思い、朱さんに自宅の一室を貸して親族のように暮らし始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る