30年間も記憶喪失の男性が…コロナ報道で故郷を思い出した

公開日: 更新日:

 中国で頭部の負傷のため記憶を失っていた男性が、テレビで新型コロナウイルスに関するニュースを見ている際に、自分の生まれ故郷を思い出し、話題になっている。

 中国紙「新京報」(3月10日付電子版)などによると、この男性は、現在は浙江省雲和県に住む季節労働者の朱家明さん(57)。

 朱さんは30年前、27歳の時、福建省建陽の建設現場で作業中に事故に遭い、頭部を負傷して記憶を失った。さらにまずいことに、その際に身分証明書まで紛失。朱さんは自分の出身地などに関する記憶をすべて失っていた。

 ケガから回復した後、あちこちの建設現場で働いていた朱さんは2003年、建陽の現場で雷麗珍さんという男性と仲良くなった。雷さんとその妻は、朱さんの身の上を気の毒に思い、朱さんに自宅の一室を貸して親族のように暮らし始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る