「追い払うのが僕の仕事」バードストライク防ぐ空港職員犬

公開日: 更新日:

 大型の飛行機を前にゴーグルをつけてポーズをとるのは「フライアウェー・グレッグ」と名づけられた空港職員犬だ。米南部アーカンソー州にあるベントンビル空港が同犬の頭の良さを見込んで最近、ある目的で採用を決めた。

 目的とは滑走路やその周辺に飛来してくるガチョウを追い払うことだ。飛行機の離着陸時にガチョウが飛び立ち、飛行機と衝突する「バードストライク」を防止するためである。

 同空港は周囲に池や湖が点在し、鳥類が多いことでも有名。特にガチョウが多く、バードストライクによって致命的な事故が起こりかねない。

 エンジンだけでなく、コックピットの窓、翼、胴体などあらゆる場所に当たるため、事前にガチョウを飛び立たせておくことは空港の運営者にとって重要な課題だった。

 フライアウェー・グレッグは別名「グース(ガチョウ)ドッグ」と呼ばれ、空港の人気者になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る