初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

公開日: 更新日:

 自分が生まれて初めて歩いた瞬間を録画したホームビデオ。当人はその存在すら知らなかったが、ひょんなことから手元に戻ってきて……そんなエピソードが話題になっている。

 米ニュースサイトGNN(2月3日付)などによると、映像作家のジム・マッケイさんは昨年、テキサス州オースティンの中古品販売店で、古いビデオデッキを購入した。ある作品の小道具として使うためだった。

 ジムさんはそのビデオデッキを2カ月ほど放置していたが、今年になって、中にカセットが入っていることに気づいた。再生してみると、なんと「タイリー」という名前の赤ん坊が立ち上がって歩く場面が18分間にわたって記録されていた! 日付は1994年9月27日。約25年前だ。

「これはこの人にとって非常に大切な瞬間だ。初めて歩く瞬間はこの時だけなんだから。これはぜひ本人に渡したい。もしこの家族を見つけて、ビデオを返したらどんなにビックリするだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る