イルカがいなくなる?コロナに加えて水族館を悩ませる問題

公開日: 更新日:

 コロナ禍で全国のテーマパークや遊園地が休園を余儀なくされている。水族館も、新江ノ島水族館や沖縄美ら海水族館などが期間限定で休館中だ。新型コロナウイルスの感染拡大はいずれ収まる可能性もあるが、さらに水族館にとって頭の痛い問題が……それは〈イルカがいなくなるかもしれない〉ということらしい。どういうことか?

 今年1月に設立された一般社団法人「日本水族館協会(JAA)」事務局の挾間雅行氏はこう言う。

「話は2004年にさかのぼります。世界の水族館が加盟する世界動物園水族館協会(WAZA)という団体が、総会で〈追い込み漁により捕獲されたイルカを受け入れてはならない〉という決議を一方的に採択しました。日本側の日本動物園水族館協会(JAZA)はその不当性を訴え、妥協案を提案するなどしたんですが、反発しすぎると海外から希少な動物を手に入れられなくなるため、やむなく2015年5月から会員施設の追い込み漁でのイルカ導入を禁止。日本の水族館のほとんどが和歌山県太地町の追い込み漁で捕獲されたイルカを購入していたので、事実上、新しいイルカを手に入れられなくなっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る