新型コロナに負けるな!米でXmasの飾りつけをする家が急増

公開日: 更新日:

 クリスマスの電飾でライトアップしているのは、米テネシー州チーザム郡に住むブレンダ・スパークスさんという女性の家。昨年のクリスマスの写真ではなく、今年3月19日の光景だ。米国ではここ数日、クリスマスの飾りつけをまた引っ張り出してきて飾る家が増えているそうだ。

 米FOXニュース(3月19日付電子版)などによると、きっかけは、大リーグ・ミルウォーキー・ブルワーズの試合実況で知られるアナウンサーのレーン・グリンドルさんが3月15日に投稿したこんなツイート。

「クリスマスの電飾をまた飾ったらどうかな? で、車に乗って街をドライブしてそれを見て回るんだ。人と適切な距離を取る社会的な行動としては、なかなか良いと思うんだけど」

 このツイートは人々の共感を呼び、急拡散。実際にクリスマスの電飾を引っ張り出して、飾る人が続出しているというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る