小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<50>人生100年時代「学び足し」でアップデートする

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響で、4月からの新学期が延期になり、影響を受けている人が大勢いますね。実は私もそのひとり。昨年秋から大学院に通い、学生をしています。50歳を迎え、「インプットをしたい」という思いが強くなり、大学院受験にチャレンジしました。

 人生100年時代。できるだけ長く働きたいという思いから、40~50代で、「学び直し」をする人は増えていますよね。新たな知識を身に付けるので、「学び足し」の方が感覚としては近いかも知れません。

 一方で、まだ現役世代の身ゆえに忙しく、「必要だとは分かっているけど、実行に移せない」と二の足を踏む人も少なくないようです。目下、実践中の私からホンネを申し上げると、仕事と学び直しの両立は、本当に、ツライです。

 まず、授業についていくのが想像以上に難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る