小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<48>目の前の家族をとにかく大切にし感謝の気落ちを伝える

公開日: 更新日:

 夢中で何かに取り組んでいるときは両親のことにまで気が回りにくいものです。働きながらの親孝行はなかなか難しく、先送りにしがちですよね。ただ、月並みだけれど、「孝行したい時に親はなし」。小さなことでもいいので、今すぐにアクションを起こすことを勧めたいです。

 すでに父と母を亡くしている私には、いまだに消えない後悔がひとつあります。それは、言葉できちんと「ありがとう」と伝えられなかったこと。父は2004年に他界しましたが、当時は今ほど、家族がネットでコミュニケーションを取り合うこともない時代でした。その頃の私は3年間のロンドン赴任を終えて帰国し、政治部に配属されたばかり。直前の1カ月間は、危険なイラク取材に行っていました。両親はさぞかし心配して、帰国を待ち望んでいただろうと思います。けれど私は慣れない東京生活に追いつくのが精いっぱいで、日本に戻ってからも帰省していませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る