小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<47>親の介護や病気に直面した時は誰か1人に説明しておく

公開日: 更新日:

 母が悪性リンパ腫で闘病していたとき、メインキャスターとして番組に出演しながら入院先の病院にも通っていました。平日は東京で仕事、週末は神戸で看病という二重生活です。この頃は身も心も疲れ果て、オンエア直前にお腹が痛くなってトイレに駆け込んだり、職場に向かう途中に涙がボロボロ出てきたりすることもありました。それでも番組スタッフや共演者に事情を話すことはありませんでした。報告をしていたのは、唯一、信頼できる部長1人だけ。そのほかの人たちには、母ががんだと一切知られずに仕事をしていたかったのです。余命宣告もされていたので、回復の見込みがないという病状を口にすること自体がつらかった。「余命何カ月」と言葉にすると、「母は数カ月後に死ななきゃいけないのか」という気持ちにもなりました。認めたくない事実なのです。打ち明けられた人だって、どう声をかけていいかわからないだろう。そんな心境でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る