小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<47>親の介護や病気に直面した時は誰か1人に説明しておく

公開日: 更新日:

 母が悪性リンパ腫で闘病していたとき、メインキャスターとして番組に出演しながら入院先の病院にも通っていました。平日は東京で仕事、週末は神戸で看病という二重生活です。この頃は身も心も疲れ果て、オンエア直前にお腹が痛くなってトイレに駆け込んだり、職場に向かう途中に涙がボロボロ出てきたりすることもありました。それでも番組スタッフや共演者に事情を話すことはありませんでした。報告をしていたのは、唯一、信頼できる部長1人だけ。そのほかの人たちには、母ががんだと一切知られずに仕事をしていたかったのです。余命宣告もされていたので、回復の見込みがないという病状を口にすること自体がつらかった。「余命何カ月」と言葉にすると、「母は数カ月後に死ななきゃいけないのか」という気持ちにもなりました。認めたくない事実なのです。打ち明けられた人だって、どう声をかけていいかわからないだろう。そんな心境でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る