パチンコ店100軒超が営業再開 組合脱退してでも追随の動き

公開日: 更新日:

 営業自粛中のパチンコ店が、追随することになりかねない。

 緊急事態宣言が延長されたGW明けの7日、引き続き休業を求められている東京、神奈川、愛知、大阪などの都府県で100軒以上のパチンコ店が営業を再開し、大勢の客で賑わっている。

 都内のパチンコ店は約780店舗で、大阪府内は約700店舗。東京、大阪ともGW中にほぼすべてが休業していたが、東京都遊技業協同組合によると、きのう時点で都内で営業を再開しているパチンコ店は約50店舗あり、7日から10店舗ほど増えた。一方、大阪府のコールセンターには「パチンコ店が営業している」という通報が7日だけで100件以上寄せられ、30店舗ほどが営業を再開したとみられている。

「さらに追随する店はありますよね」と、604店舗のパチンコ店が加盟する大阪府遊技業協同組合の担当者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  5. 5

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  10. 10

    自民党内からも辞任を促す声が出始めた安倍首相のこれから

もっと見る