再就職していなければ確定申告 付加年金は支払額の10倍も

公開日: 更新日:

 退職してフリーの身になれば年金も変わってくる。その際に損をしない方法もおさらいしておこう。

 会社員時代は国民年金と厚生年金の2階建て構造(第2号被保険者)でも、辞めれば国民年金だけの1階建て(第1号被保険者)に切り替わる。会社員や公務員の家族に扶養される第3号被保険者でなければ、月額1万6540円(2020年度)の保険料は自分で納付が必要となり、将来の年金受給額は減少する。退職して以降は厚生年金部分の支払いがなくなるためだ。

 その分をカバーしたければ、自分で上乗せするといい。そのひとつが付加年金だ。

「付加年金は2年で元が取れる年金です。月400円の保険料で、将来は『200円×保険料納付月数分』を終身受け取れます」(藤原アセットプランニング代表でファイナンシャルプランナーの藤原久敏さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  10. 10

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

もっと見る