「ふるさと納税」が農水省のプロジェクトでお得度アップ

公開日: 更新日:

 ふるさと納税がおトクになっている。農林水産省が新型コロナウイルスの影響を受けた生産者や事業者を支援する「#元気いただきますプロジェクト」をスタートしているからだ。支援対象商品は肉、水産物、野菜、果物、茶、花卉、そば、ジビエなど。

 民間のさまざまな販路を活用する取り組みとして①インターネット販売サイトの送料②子ども食堂等の食材費③飲食店の販路多角化に使用する食材や容器包装費④地域の創意工夫による販売促進費の支援メニューがある。

 地域の創意工夫の代表例は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の「ニコニコエール品」だ。期間限定で本プロジェクトの対象商品が並べられ、どれもこれもおトク。通常の2倍増量になっていることも多い。

■肉が増量

「藤原アセットプランニング合同会社」の代表でファイナンシャルプランナーの藤原久敏さんは「熊本県天草市の1万円寄付の返礼品『天草産黒毛和牛切り落とし590グラム×3』は間違いなくおトクでしょう。鹿児島県曽於市の『鹿児島黒牛ローススライス600グラム』も、通常は2万円寄付のところ1万円寄付でオーケー。ほかにも今だけ肉を増量している返礼品も多く、すでに品切れとなっているものも少なくありません」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る