【らーめん元楽】「無菌室状態」目指す背脂豚骨系の人気店

公開日: 更新日:

 都内に3店舗を構える背脂豚骨系ラーメンの人気店。「無菌室状態」を目指して投じたコロナ対策費用は総本店(台東区蔵前)だけで700万円にのぼる。

 都からの休業要請を受け、4月14日の休業からまもなく改装工事に着手した。迅速かつ思い切った対策ができたのは、オーナーの即断即決があったから。母体は創業300年近くの老舗メーカーだ。11代目の現社長は学生時代に化学防護服を着るアルバイトの経験があるという。

「オーナーが感染症に対する高い関心と知識を持ち合わせていたことが大きかった。休業要請解除までの1カ月半に、従業員の健康管理と感染予防オペレーションの徹底含め、なんとか新体制での営業再開にこぎつけられました」(営業統括部長の秋元恭一さん)

 テーブル席もカウンター席に改装し全席に間仕切りを設置したが、ビジュアル面も配慮した。もともと総本店は、エノケンの愛称で知られる喜劇王・榎本健一もひいきにしていた料亭だった。趣のある雰囲気を損なわないように「新たに取り付けた仕切りや銅製の排気管は色調にもこだわった」(前出の秋元さん)。

 平日11時、開店と同時に続々と客が来店した。Withコロナの時代に支持される店は味や感染対策に加え、ホスピタリティーもより重要になる。 

▽らーめん元楽
東京都台東区蔵前2―12―3
℡03・3851・4537

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ