【野口鮮魚店本店】席数を減らし風を通す 旬の活魚が市場価格

公開日: 更新日:

 北は北海道から南は五島列島まで、漁港と直接パイプを築き、寿司屋、料亭、ホテルなどに卸している豊洲市場のまぐろ仲卸が直営する下町の魚屋さん。旬の活魚が市場価格で食べられるとあって、開店前にはいつも行列だ。

 店内は、さながら小さな魚河岸のようで、ショーケースには豊洲や地方から仕入れた旬の活魚の量り売り、海鮮ちらし、煮付け、焼き魚といったお総菜まで並べられている。ちらしは刺し身盛りで陳列され、レジで無料でご飯をもらえる仕組みだ。価格も並950円(刺し身10種)、上1550円(刺し身15種類以上)とリーズナブル。ボリュームもあるから、まずは刺し身で一杯やってから、残りを手持ちの海苔で手巻きにして食べるのもいい。

 コロナ禍の現在はカウンター6席、テーブル6卓と座席数を減らし、入場制限も実施。通りに面した角の立地で窓を開ければ風通しが良い。

 人気ナンバーワンのメニューは「朝一築地丼(1790円、税別)」。名物のまぐろ赤身やとろ、いくら、サーモン、ハマチ、甘エビ、カニなど高級活魚が13種類以上、どんぶりからはみ出してドカンと盛られている。脂の乗ったまぐろをあぶった串もまたうまい。

▽野口鮮魚店本店
東京都墨田区東駒形4―6―9リバーハイツワコー 1階
℡03・5608・0636

◆紙面持参でシャリ大盛りを無料でサービス(1人1回限り・10月末日まで)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」