<1>コロナに法や制度を合わせる 国内初の社会的検査を追求

公開日: 更新日:

 海外に比べて圧倒的に少ない日本の新型コロナウイルスのPCR検査。国や東京都の鈍い動きを見かねて7月末、世田谷区は検査の大幅拡充を独自に実施する「世田谷モデル」をぶち上げた。2カ月余が経過した今、どうなっているのか――。4回にわたって連載する。

  ◇  ◇  ◇

 8月4日、日本記者クラブの会見で世田谷区の保坂展人区長はこう語った。

「社会にどれだけ広がっているかわからないウイルスをトータルに検査していく発想が必要。コロナの側に法や制度を合わせるしかない。検査のハードルをぐっと低くし、米NY州でやっている『いつでも、誰でも、何度でも』を最終的には目指していくべきだ」

 保坂区長が目指したのは「社会的検査」。日本の行政検査は有症者や濃厚接触者ら疑わしい人に限られるが、元気な無症状者から感染する新型コロナの特性を踏まえ、幅広く徹底検査を行おうというものだ。現状の検査体制とは質的に全く異なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

  2. 2
    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

  3. 3
    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

  4. 4
    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

  5. 5
    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

もっと見る

  1. 6
    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

  2. 7
    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

  3. 8
    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

  4. 9
    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

  5. 10
    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約

    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約