東京で“ディープ中華”を堪能できる新スポットで食べ歩き

公開日: 更新日:

 プライベートでの上海訪問は50回以上、“上海ラブ”な日刊ゲンダイ記者。コロナの影響で上海にまったく行けなくなり、クサっていたのだが、東京・葛飾区最南端の「新小岩駅」周辺でディープ中華を堪能できると聞き、早速出かけてきた。

 葛飾区役所によれば、同区内の中国人在住者数は1万2058人(2020年1月1日時点)で、「近年は(葛飾区全体では)ずっと増加傾向です」(広報担当者)。

 新小岩駅周辺には江戸川区もあるので、江戸川区内の中国人在住者数も見てみると、1万6533人と都内トップ。ディープ中華が食べられるのは、江戸川区寄り? そんな思いを抱きつつ、中国在住歴があり、新小岩を「ホーム」と呼ぶアベシさんにお勧めの3店を案内してもらった。 

 まず向かったのは、福建料理の「中華麺館 一葉」。新小岩が中華料理好きをワクワクさせるのは、中国全域をひとくくりにした「中華料理」ではなく、地域の料理の特徴を押し出した店があるところ。福建料理は中国東南部に位置する福建省の料理で、「海鮮料理が巧み」「山の幸を生かした客家料理」「あっさりめ」といったキーワードが使われることが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」