東京で“ディープ中華”を堪能できる新スポットで食べ歩き

公開日: 更新日:

 プライベートでの上海訪問は50回以上、“上海ラブ”な日刊ゲンダイ記者。コロナの影響で上海にまったく行けなくなり、クサっていたのだが、東京・葛飾区最南端の「新小岩駅」周辺でディープ中華を堪能できると聞き、早速出かけてきた。

 葛飾区役所によれば、同区内の中国人在住者数は1万2058人(2020年1月1日時点)で、「近年は(葛飾区全体では)ずっと増加傾向です」(広報担当者)。

 新小岩駅周辺には江戸川区もあるので、江戸川区内の中国人在住者数も見てみると、1万6533人と都内トップ。ディープ中華が食べられるのは、江戸川区寄り? そんな思いを抱きつつ、中国在住歴があり、新小岩を「ホーム」と呼ぶアベシさんにお勧めの3店を案内してもらった。 

 まず向かったのは、福建料理の「中華麺館 一葉」。新小岩が中華料理好きをワクワクさせるのは、中国全域をひとくくりにした「中華料理」ではなく、地域の料理の特徴を押し出した店があるところ。福建料理は中国東南部に位置する福建省の料理で、「海鮮料理が巧み」「山の幸を生かした客家料理」「あっさりめ」といったキーワードが使われることが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る