外国人労働者を待つ農家の苦悩 国が理解してくれれば…

公開日: 更新日:

 インド政府の奨学生として留学経験もあり、外資系企業のほか、政府が推進するASEAN諸国の事業に参加するなど仕事で海外生活が長かっただけに、こうも指摘する。

「日本はまだ多文化共生が根付いていないと思います。昨年から開始した特定技能の制度も業種によって担当官庁が縦割りで責任の所在が分かりにくい。少子化が進む日本の労働力不足は深刻です。日本で働きたい外国人が気持ちよく仕事をして定着してもらうためにも、雇用システムを改善する必要があるのではないでしょうか」 =この項おわり

(取材・文=肥田木奈々)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る