海外からの600人分の予約があっという間にゼロに

公開日: 更新日:

「旅館 澤乃屋」店主 澤功さん(1)

「何とか生き残り、来年の東京五輪は家族旅館としてお客さまを笑顔でお迎えしたいのですが……」

 昨年、創業70周年を迎えた東京・谷中にある「旅館 澤の屋」2代目館主・澤功(さわ・いさお)さん(83)は、消え入るような声でつぶやいた。本来ならば春の花見から秋の観光シーズンにかけて全12室の客室は連日満室のはず。だが、コロナ禍の今年は宿泊の予約はまばらだ。

 というのも、宿の利用者は9割以上が外国人観光客。10月から東京も「Go To トラベル」に追加されたが、外国人客の増加は当分見込めない。取材に訪れた9月中旬、館内はひっそりとしていた。

「毎年4月は宿泊客が一番多い月で、今年も1カ月に600人ほど海外からの予約が入っていました。ところが3月ごろからキャンセルが続き、あっという間にゼロになってしまった」

 実は「澤の屋」は年間の客室稼働率が約95%という驚異的な数字を維持していた伝説的な旅館だ。これまで92カ国、延べ20万人の外国人客をもてなしてきた。その功績から、澤さんは国の「観光カリスマ」にも選定されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い