コロナで街が変わった新橋…増えている客層は20代の若い層

公開日: 更新日:

新橋は今(2)新橋ドライドック

 冷えたグラスに黄金色の液体が注がれる。きめ細かな泡は実にクリーミーで、キリッと爽快な炭酸が喉に心地いい。

 ここは、徹底した品質管理と注ぎ方でビールのおいしさを追求するビアバー「新橋ドライドック」。船を模した店舗設計が目を引く新橋の人気店だ。13年前のオープン以来、1階の立ち飲みスペースと2階の客席は常に満席。だが、新型コロナウイルスはビール好きに知られる名店にも苦難の影を落としていた。オーナーの原田豊さん(59)は言う。

「今年2月までは前年比超えの好調な売り上げを維持していたのですが、3月に初めて6割台に。感染拡大の危機を考えてすぐに休業を決めました」

 緊急事態宣言が出される前の3月末、いち早い決断だった。アルバイトを含めて6人の従業員を抱えていたが、「うちは小さい店なので、お客さまはもちろん従業員の安全を守るためにも。何かあってからでは遅い」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る