萩原賢一さん<1>60歳まで働きづめも苦に思ったことはない

公開日: 更新日:

 女中や奉公人がいる裕福なゲタ屋の家に生まれた萩原さんだが、戦争ですべてが変わったという。

「学童疎開で長野に身を寄せ、終戦で東京に戻ると、一面の焼け野原。萩原家は何もかもを失い、埼玉県小川町に移りました。当時は本当に食べるものがなく、『我慢』が体に染み付きました。私は栄養失調で通院するほどでした。ただ、通院先の宮崎病院・宮崎院長に知り合えたことは幸運でした。中学卒業後の就職先も、先生の紹介でした」

 萩原さんが就職したのは、地震計を製造販売する「保坂振動計器製作所」。従業員6人の会社だった。

「15歳で就職して、初任給は3700円。食費に3000円引かれ、手元に残ったのは700円というスタートでした。ただ、手先が器用なほうで、見よう見まねでヤスリかけ、溶接、旋盤と、何でもできるようになりました。地震計は数多く出るものではありませんから、生産は手作り一点物です。まず、東京大学の地震研究所といった地震研究の教授に、地震計の図面を引いてもらいます。その図面を見ながら地震計を作ります。何度もすりあわせ、製品が完成し、教授のお墨付きが得られると、今度は大手建設会社などに売り込みます。教授との打ち合わせから、製作、営業、設置の立ち会いまでやりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る