加納誠さん<1>もうすぐ第二の定年を迎える物理学者の半生

公開日: 更新日:

加納誠さん(75歳・東京理科大卒)#1

 今回登場の加納さんは東京理科大の助教授や山口東京理科大の教授を歴任した物理学者である。65歳で定年となり、教授から非常勤講師になったのを機に、足場を物性物理学から環境物理学に移している。話が、最近の異常気象をもたらしている地球温暖化のことになった時、こう語った。

「人類のおごりでしょうね。地球温暖化も、コロナ禍にしても」

 温暖化の進行は深刻で、海面水位も上昇し自然災害も深刻化し続けている。早く手を打たないと、世界は破滅しかねないとまで、加納さんは警告する。

「水槽に熱いお湯を入れ、そこにカエルを入れれば、びっくりして飛び出してしまいます。しかし、最初は水で、じわじわと温度を上げていくと、あれ、おかしいと思った時には腰が抜けて動けず、カエルは茹で上がってしまいます。これは、元アメリカ合衆国副大統領で『不都合な真実』を著したアル・ゴアの有名な話です。多くの知識人が『人類も茹でガエルになる』と警告を発しているのに『大丈夫だよ』と耳を貸さない。温暖化を否定する大統領もいる。気づいた時には手遅れになると思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る