コロナへの“ガードが甘い”わが子と暮らすのが怖いんです

公開日: 更新日:

 12月29日~1月4日に都内で確認された新型コロナ新規陽性者の感染経路は「同居」、要するに家庭内感染が約47%で、最も多い。前週(49%)からほぼ横ばいだ。

「高校生の息子を見ていると、やっぱりガードが甘いから不安になるんですよねえ」と、ゼネコン勤務の直樹さん(53=仮名)はタメ息をつく。

「自宅では手洗い、消毒を欠かさないように注意しているんですが、息子はいつも生返事。外出する際にマスクをし忘れることもよくあります。週に半分は登校していますし、寄り道して感染するんじゃないかと心配になる。家族は運命共同体、息子から感染するんだったら諦めもつきますけどねえ」と直樹さん。

 メーカー勤務の隆さん(51=仮名)の場合は、もうちょっと深刻だ。

「10代の息子と娘は気を使ってくれるとはいえ、それでも若者って警戒心が薄い。正直、わが子でも怖いんです。私、糖尿の気があるんで……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る