SALLiA(サリア)
著者のコラム一覧
SALLiA(サリア)歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合 ランキング3位 を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

今年は124年ぶり“2月2日”の節分 鬼滅キャンペーンの展開も

公開日: 更新日:

 今年の節分は、さまざまな意味でいつもと違う節分になりそうだ。コロナ禍かつ緊急事態宣言発令中ということもあり、著名人を招いて大々的に行われる節分祭などは軒並み中止となることが予想されている。ただ、二十四節気において立春は新年の始まりだ。今や節分は年中行事としても外せない上に、重要な神事としての側面もある。そのため今年は、御神前の儀式として神殿のみの豆まきにとどめ、子供たちを対象にした来場者にお菓子や豆を配るという形を取るところが多いようだ。

■暦の上でも、いつもと違う節分に

 さらに今年の「節分」は、明治30(1897)年以来124年ぶりに「2月2日」になり、暦の上でもいつもと違う節分になる。なぜ、今年は2月2日なのか? それは地球の公転に答えがある。

 春分や秋分といった二十四節気に分けて、その春夏秋冬の変化を表すわけだが、一年を二十四節気に当てはめて定期的な運用をしようとすると、少しずつ誤差が出てきて「ずれ」が生じてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る