「GoToトラベル」が感染拡大に影響か 京大グループが論文

公開日: 更新日:

 政府の観光需要策「Go To トラベル」が新型コロナウイルスの感染拡大に影響した可能性がある――とする研究論文を、京大の西浦博教授らのグループが医学雑誌「ジャーナルオブクリニカルメディシン」に発表した。

 西浦教授らのグループは昨年5月から8月に24の県から報告された新型コロナの感染者約4000人を分析。うち、約2割が発症前に旅行したり、旅行者と接触したりする旅行関連の感染者だったという。

 そこで「Go To トラベル」が始まった昨年7月22日からの5日間を分析したところ、旅行関連の感染者は127人で、発生率は前週の5日間と比較すると1.44倍、旅行目的を「観光」に限定すると、発生率は同2.62倍になっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る