中学受験“偏差値50”の壁 地方トップ公立校出身の父の心情

公開日: 更新日:

■中高で偏差値が10以上違う理由

 こうした熱心な父親に影響を与えているのが、中学受験特有の偏差値だという。

「高校受験と中学受験では、同じ系列校でも偏差値が10は違います。高校の場合、中学受験で入学した集団がすっぽり抜けて残りの大半が受験しますが、中学の場合、受験を選択するお子さんは絞られるために起こる現象です。地方出身者に限った話ですが、偏差値70程度の地元のトップ公立高から一流大学を卒業したお父さんとお話ししていると、中高の偏差値の違いが受験する母集団の違いからくるものだと頭では理解はしていますが、自分の子供が偏差値50程度の学校に行くことに我慢できない人が多いように感じます」

 大学付属校の偏差値で見ると、慶応義塾は高校が76、中等部が64。早稲田実業は高校が76、中等部63、青山学院は高等部が72、中等部が57と10以上違う(「みんなの高校情報」「みんなの中学情報」から)。進学校の中には中学受験だと偏差値50程度のところもあるが、地方出身の父親にとって50という数字が引っかかるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    渋野日向子のスイング改造は不安材料ばかり(菅野徳雄)

もっと見る