神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

江戸時代はなんでも人力で だから「リストラ」がなかった

公開日: 更新日:

 携帯電話の契約がオンラインでできるようになるらしい。それによって携帯ショップの店員の大量リストラがあるかもしれない。もはやショップに行く必要がなくなるからだ。

 新型コロナウイルスによって、今までより一層人間の労働力が必要ない「便利な」社会が形成されようとしている。しかし、リストラされた人たちの雇用はどうなるのだろう。業態の変化だから、景気が戻っても雇用は復活しない。生活が便利になるたびに雇用が減少していくということが起こっている。

 明治の初期に、佐田介石という経済学者がいた。外国の文化をうかつに取り入れて「便利になる」ことを戒めた人物である。「便利は是国を滅ぼすの道なり」と説いていた。不便であればこそ、さまざまな伝統的な職業が生き残るという主張である。

 少し前までは全部人力であった。改札も人力。銀行の窓口も人力。ペットボトルが出る前までは瓶を洗う工程もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る