薄毛の人に朗報! 理研が毛の再生方法を世界で初めて確立

公開日: 更新日:

 薄毛や抜け毛に悩む人に朗報だ。理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター器官誘導研究チームの辻孝チームリーダーらの共同研究グループが、毛を作り出す能力を維持したまま毛包幹細胞を生体外で100倍以上増幅する培養方法を確立したと、オンライン科学雑誌「サイエンティフィック・リポーツ」(2月10日付)に発表した。

 ほとんどすべての臓器は出生後に再生されることはないが、毛髪を作り出す「毛包」は唯一、周期的な「器官再生」を繰り返す。共同研究グループは今回、毛髪を作り出す機能を持つ上皮性幹細胞を生体外で増幅する培養系を確立し、長期間の毛包器官再生に必要な幹細胞集団を特定。この研究で確立された培養方法を応用することで、少数の毛包から大量の再生毛包を人為的に製造する世界初の毛包再生医療を実現できるとしている。

 今回発表された論文はマウス実験の結果についてだが、同じ方法で人間の毛包を3週間で約100倍に増やすこともできたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る