人間顔のサメを捕獲! インドネシアで液浸標本として保存

公開日: 更新日:

 特撮写真ではない。本当に人間の顔をしたサメが捕獲されたのだ。

 インドネシア南部の東ヌサ・トゥンガラ州に住む漁師、アブドラ・ヌレンさん(48)はいつもの漁場でトロール漁をしていた。網を巻き上げると大型のサメが捕獲されていた。

 ヌレンさんは水揚げした翌日、サメを解体。すると、体内から3匹の子どもが現れ、うち1匹が人間のような顔をしていたのだ。地元メディアに語っている。

「2匹は普通のサメで、残り1匹だけが人間顔をしていたので本当に驚きました。こんなに珍しいサメはこれまで見たことがありません」

 噂はすぐに漁業関係者に広がり、「売ってほしい」という人が次々に現れた。だがヌレンさんは液浸標本にして自分で保存することにした。

「このサメはきっと私に幸運をもたらしてくれると思っています」 

 日本でも以前、「人面魚」のニシキゴイが話題になったことがあったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る