5週間“迷子”だったサーフボードを巡る640kmの奇跡の物語

公開日: 更新日:

 1枚のサーフボードを巡る物語が、「SNS時代でこそ可能なこと」と話題になっている。

 先日、ステファニー・リーセさん(22=写真左)と、パートナーのジェイク・アンダーソンさん(23=同右)が、英スコットランドのシェットランド諸島の海岸を散策していた時のこと。海岸にサーフボードが打ち寄せられていることに気づいた。

「ウォルデン」というブランドの約270センチほどのボード。2人は「いったい誰のボードで、どこから流れてきたんだろう?」と好奇心に火がつき、持ち主を探してみることにした。

 シェットランド諸島の海岸に打ち上げられたモノの写真を投稿するフェイスブックのページ「シェットランド・シーショア・ディスカバリーズ」に、事情を説明して写真を投稿したところ……なんと、その翌日に「持ち主」を名乗る人物から連絡が!

 発見場所から640キロほど離れたイングランド北東部スカボローの海岸でサーフィンをしていたリー・ブロガンさんだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る