コロナで苦境の米飲食店が2000ドルでライバルをPRしたワケ

公開日: 更新日:

 日本と同様に米国内でも新型コロナウイルスの感染拡大で致命的な打撃を受けているのは小さな個人経営の飲食店だ。

 そんな中、ウィスコンシン州ポーテージ郡の郡庁所在地「スティーブンズ・ポイント」のテキサス風メキシコ料理レストラン「エル・メスカル」のオーナー、アドルフォ・メレンデスさんが始めた地元飲食業をPRする活動が注目を集めている。

 アドルフォさんは地元にある複数の個人経営のレストランのギフトカードを計約2000ドル(約21万円)分購入し、フェイスブックで行うクジの景品にしたのだ。

 自分の店も厳しい経営環境にあるにもかかわらず、ライバル店に救いの手を差し伸べた行動に称賛の声が上がった。

 それにしても、なぜ、こういう活動を始めたのか。アドルフォさんはこう言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

もっと見る