神津彪さん<2>退職後、昼からビールを飲む生活を2年間。うつのような状態に

公開日: 更新日:

79歳・高校卒

 東京・世田谷から大田市場に移り、野菜市場の中の「青果」会社を58歳で定年退職した神津さん。もう働かないと決めて完全リタイア。解放感を満喫した。早朝4時半に出勤することもなくなったので、大好きなビールを昼間から飲んでも構わないのだ。部屋で飲み、また近くの公園では「飲み友だち」ができ、昼間から飲んだ。ただ、2年間もこのような自由気ままな生活が続くと、「気分が沈んで晴れない、うつのような状態になりました。これではいけないと思い直し、アルコールは夜だけ、昼間はウオーキングという生活にあらためました」。

 そして、神津さんは「どうせウオーキングするなら、好きな格好で歩きたい」と思うようになった。そこで青年時代にはまっていたウエスタンスタイルの復活である。日中、ウエスタンスタイルで3~4キロのウオーキングが趣味になった。

 ウエスタンスタイルは独特なファッションだ。東京といえども、販売する店は限られ、そこが行きつけの店になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る