バンクシーの新作は「脱獄囚」英南部旧刑務所の外壁に描く

公開日: 更新日:

 正体不明の路上芸術家バンクシーが4日、新作を公開した。英南部レディングの旧刑務所の外壁に描かれた壁画。囚人服を着た男性がベッドシーツを結んでロープのようにして脱獄を図っており、重しにはタイプライターを利用している。

 タイトルは「クリエート・エスケープ(脱走を創れ)」。米映画「大脱走(原題:ザ・グレート・エスケープ)」(1963年)とかけているようだ。また旧刑務所を芸術施設にする市民運動が行われており、後押しする狙いもあるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る