結婚がしたい…コロナ後遺症で障害者になった50代男性の苦悩

公開日: 更新日:

 コロナに感染し後遺症は残っているのですが、どんな病気も後遺症への対応は一緒だと考えています。リハビリを続けるしかない。体が今のようになってしまったことをクヨクヨしてもしょうがないので、出来る範囲で目標を持って生きていこうと思います。目標は生きる希望の源だと思っています。目標を見つけて目標に向かって進んでいると思えることが生きがいにつながってくるのではないかと感じています。今の目標は2つ。ビジネスマンとしての目標とプライベートでの目標です。

 ビジネスマンとしての目標はコロナ感染前と同じです。入院前は経営コンサルタントでしたので、目標は自分を必要としてくれるクライアントに満足してもらい、仕事の質に見合った報酬を頂くことです。

 プライベートは状況が大きく変わりました。私は独身で入院前まで両親と3人暮らしでした。ところが入院前に両親がとも亡くなってしまい、今は一人暮らしです。課題だった親の介護がなくなり、今の目標は結婚ですね。30年以上前、最初に就職した会社を辞めてから、ずっとビジネスで成功することを目標にしてきました。良い時もありましたが悪い時も多くジェットコースターのような人生でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  10. 10

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

もっと見る