地球温暖化対策「牛のげっぷ」研究の中身 農研機構に聞く

公開日: 更新日:

 地球温暖化対策として2050年の二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロに向けて生活スタイルの変化が求められている。今年は丑年だが、牛のゲップ(呼気)や排泄物もメタンなど温室効果ガスを含むとして世界的な課題である。

 これに対し、日本政府も2017年度から農林水産省のプロジェクト「畜産分野における気候変動の緩和技術の開発」に取り組んでいる。農水省所管で研究を委託されている国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県)に話を聞いた――。

  ◇  ◇  ◇

 そもそも牛がメタンガスを発生させる仕組みは。

「牛は4つの胃を持ち、第1胃(ルーメン)の中には約8000種程度の微生物がいます。その微生物たちはヒトが栄養として利用できない草をタンパク質へ変換してミルクや肉を生産しています。微生物が草を分解・利用するときにメタンが出ます。世界の総温室効果ガス排出量に占める牛の呼気(消化管内発酵)から出るメタンの割合はCO2換算で4~5%といわれています。日本国温室効果ガスインベントリ報告書によると、19年度の日本の総排出量(CO2換算)12億1200万トンのうちメタンは2・3%。そのうち稲作が42%、家畜の消化管内発酵が27%です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る