中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

2050年温室効果ガス排出ゼロ 日本は現状ままで達成可能?

公開日: 更新日:

 2007年5月24日、国際交流会議「アジアの未来」の晩餐会で、安倍総理(当時)は「美しい星50(クールアース50)」を提案した。全世界の共通目標として「世界全体の温室効果ガスの排出量を現状に比べて2050年までに半減する」という長期目標の提案だ。その達成のために電気自動車(EV)など次世代自動車の普及にも言及した。

 菅総理は、臨時国会の所信表明演説で「2050年までに国内の温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」と宣言した。「パリ協定」から脱退し地球温暖化を認めないトランプ米大統領の敗戦を見越し、「パリ協定」即時復帰、「50年までに実質ゼロ」を公約するバイデン・菅関係構築の地ならしに動いたようだ。「新・美しい星50」だ。

 国際エネルギー機関(IEA)は10月の報告書で、2050年に世界の温暖化ガス排出を実質ゼロにするために30年までに必要な措置として、30年の乗用車販売の半分以上をEVにするとした。欧州連合(EU)など約120カ国は50年までに実質ゼロを目指しているが、EUは30年までに1990年比で温暖化ガス40%削減を目標とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る