山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】歳をとっても夢を語っていいか

公開日: 更新日:

小粒な勇気と夢でいい

 歳を重ねて、老いには二つの勇気が必要だ。

 作家の森村誠一さんが「婦人公論」にそう書いていた。病気をしたり、悩んだり。予想外の出来事の危機に立ち向かう勇気が一つ。もう一つは、夢を抱くための勇気だという。

 小さな夢でも生きがいにつながり、生きがいとはこれからの夢である。老いる意味とは、「夢をもって生きること」にある、と結んでいる。

 なるほど、と思った。持病のある60代。老い先、長くはないだろう。1年を超える自粛生活で、チャンスを奪われた気がしていて、やりたいことがしぼんでいた。

 こんなとき、こんな歳でも、夢を持ち、語っていいのか。

 ◇  ◇  ◇

 森村誠一さんならではの、ご自身の生き方に基づく、力強う一文だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  6. 6

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る