山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】いたみかけもる八百屋で…

公開日: 更新日:

 先日、安さが売りの八百屋で買い物をしていると、ふらりと立ち寄った女性がぼそっと言った。

「この店、ひどいものを並べるのね」

 品物の8割が100円前後。見切り品は50円を下回る安さで、その中には確かに傷みかけたものもある。そういうものは晩飯に使い切ってしまえばなんら問題ない。店のファンは、よしあしが分かるから、喜んで買い物をしている。

 あの女性、きっとキレイな野菜が並ぶスーパーに向かったのだろう。「あたしは、アナタたちとは違うのよ」とでも言いたげなそぶりだったが、子供や孫に「八百屋はダメ、スーパーで買いなさい」と教えるのか。

 ◇  ◇  ◇

 ガソリン代が高値を続けている、いま。

 乗車したタクシーの運転手さんが、ぼそり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る