立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。毎日放送「よんチャンTV」、フジテレビ「めざまし8」出演中。

最高権力者への「お追従」政権の延命に手を貸す記者の存在と責任放棄

公開日: 更新日:

 9月9日、辞任を表明して初めての会見に臨んだ菅総理に産経新聞の記者が「福島第1原発の処理水の海洋放出」「高齢者の窓口負担の引き上げ」「日本学術会議の会員任命拒否」「コロナ対策でも経済と社会の両立」を挙げて次のように質問した。

「選挙、衆議院選挙があるということは分かっていたので、支持率を減らしかねない政策判断というのを回避するということもあり得たと思うのですけれども、それでもなおこういった評判が悪かったり、あるいは支持率を下げるかもしれないといったような政策に取り組んできた理由、あるいは総理の思いをお聞かせいただいてもよろしいでしょうか」

 まずもって質問の前提としている事例を一方的に評価した物言いに違和感を覚えるが、それ以上に問題なのは質問の内容だ。これが米ホワイトハウスなら記者団から失笑が起き、その晩のテレビショーで笑いのネタにされただろう。それはなぜか? 権力におもねる要素を多分に含んでいるからだ。いや、その表現は抑制が利き過ぎている。これは単なる最高権力者への「お追従」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

  3. 3
    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

  4. 4
    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

  5. 5
    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

  3. 8
    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

  4. 9
    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

  5. 10
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念