安田賢治
著者のコラム一覧
安田賢治大学通信常務取締役、情報調査・編集部ゼネラルマネージャー

兵庫県生まれ、早稲田大学卒業後、1983年大学通信入社。現在、常務取締役で出版編集とマスコミへの情報提供の責任者。小中高入試から高校の大学合格実績、大学生の就職までの情報提供と記事を執筆。講演も多数。大正大学人間学部で講師も務める。著書に「中学受験のひみつ」(朝日出版)、「笑うに笑えない大学の惨状」「教育費破産」(ともに祥伝社)がある。

コロナ禍で浮かぶ中高、沈む中高 首都圏の中学受験の志願者は7年連続増

公開日: 更新日:

 中学受験の人気が続いている。首都圏模試センターによると、今年も志願者は増え、これで7年連続の増加となった。首都圏の私立中・国立中の志願者数は昨年より650人増えて5万50人、5万人を超えるのは2007年以来、14年ぶりだ。首都圏の小学校6年生の私立中受験率も、昨年の16.62%から16.86%に上がっている。

 この人気の理由はコロナ禍が大きい。昨年は3か月近くの休校期間があった。対面授業ができず、各校は急遽、オンライン授業を取り入れた。しかし、私立中といってもIT教育は各校ばらばらだ。

 生徒全員にタブレットなどの通信機器を持たせている学校は少ない。学校も手探りで、各家庭に対してパソコンの有無や通信環境などを調査した上で、オンライン授業に踏み切った。授業を時間割通りオンラインで行う学校もあった。

 さらに、在学している公立小などの対応に不安な家庭も多かったこともある。プリントが大量に配られ、家で自習という学校もあり、保護者は公立中に進学しても同じ状況になるのではと不安に思い、中学受験を目指すようになった面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

  2. 2
    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

  3. 3
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  4. 4
    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

  5. 5
    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

もっと見る

  1. 6
    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

  2. 7
    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

  3. 8
    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

  4. 9
    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

  5. 10
    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも

    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも