池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

80年代に大流行! 懐かしくて新しい「バナリパ」のサファリTシャツ

公開日: 更新日:

 80年代の終わりごろから90年代初頭にかけて、動物の写真がプリントされたTシャツが爆発的に流行したことを覚えているだろうか。図鑑のようなゾウやライオン、キリンにシマウマなど野生の動物たちの姿を大胆に切り取って、Tシャツというシンプルなアイテムで着るのがワイルドで斬新だった。その野性的なTシャツをリリースしていたのが「バナナ・リパブリック」、通称「バナリパ」だ。

 30年前、どうしてもバナリパのフォトプリントTシャツが全種類欲しくて、サンフランシスコへ飛んだ。日本ではTシャツしか展開されていなかったので、てっきりTシャツのブランドだと思っていたら、ジャケットやシャツ、パンツまで揃うトータルブランドと知って驚いた。結局、Tシャツは一枚も買わず、ジャケットとシャツとパンツとバッグをひと揃え買って帰国した。

 1978年にサンフランシスコで創業したバナリパは、旅やサファリといったモチーフを得意としている。2005年に日本に正式上陸したが、それ以前はセレクトショップなどで取り扱われていた。本国ではどこのモールにもある巨大なチェーン店だが、洗練されたサファリスタイルとでもいうべきか、街着のレベルでワイルドさを感じさせるコレクションは国籍はもちろん、年齢、性別を問わず着られるアイテムが多かった。いまではカジュアル・ラグジュアリーというカテゴリーにあり、サファリスタイルはさらに洗練を増している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?